デジカメ買わずにケータイ買って…その2

濡れ手に粟で手に入れたデジカメを破壊して、はや10日…。

私のデジタルカメラ歴の記録を辿ってみました。

1998年〜1999年

Canon Powershot350』35万画素。

最初のは、始めて自分のパソコンを購入したばかりの頃、知り合いの劇団の方(Macユーザー)から頂いた中古品。



1999年〜

Sony Cyber-shot DSC-F55V』330万画素。新品を購入!

回転レンズでの自分撮りがめちゃくちゃ便利で、ホームページの更新で大活躍!

でも、当初MacOS8.5以上でUSBならなら大丈夫だということで、USB用のインターフェイスを増設したのに…×××

よくよく説明書を見たら、出荷時のOSが8.1以上が条件だった…。(私の出荷時OS8.0…)

仕方ないので、メモリースティックをフロッピーディスクで読めるアダプターを追加購入して使用。その後、仕事で画像データをSDカードを渡される事が増えたので、Macでも読み込めるマルチカードリーダーを購入。



2003年秋

『F505i』120万画素。

前述のカメラもフォーカス部分が早くに壊れてて、だましだましの使用もついに限界。

でもカメラを買わず、ケータイを買い替え。

文字の変換が遅く入力にストレスを感じてましたが、カメラはかなり便利に使ってましたね。



2004年の暮れ

『N900is』200万画素。

前述のケータイの裏蓋が外れ紛失!急遽新しいのを求めてお店に。

ただ、こいつのカメラ機能が使いにくく、ほとんど撮影してないので残ってません。



2006年1月

『F700is』120万画素。

N900isの蝶番部分を破壊してしまい、瞬間接着剤で補強し使うも遂に限界。

Fは嫌だなーと思いつつも、予算の関係上、これに。

しかし、一転。なんて使い易のかと感動!!505の時とは明らかに違う文字入力の快適さ!

もちろんカメラ機能の使い易さも健在で、大活躍!

夏に姪が生まれるのを待たずに、フォトプリンターを購入し、WEB用の撮影から、プリント用の撮影をするように。



2006年の年末

OLYMPUS FE-180』600万画素。

で、本職が印刷物のデザイナーの私。プリントする事が増えてくると、ケータイで撮った時の“チラツキ”が、めちゃくちゃ気になり、ちゃんとしたデジカメを購入しようと、ない財布を絞りかけていた頃(目当ては一眼レフの中古)、母がパート先の忘年会の抽選会で、コンパクトタイプだけどデジカメをGET!

画素数に問題なし!ケータイカメラは、手元にデジカメがない時や、ちょっとしたメモ代わりに使うようになりました。



2007年5月『N901ic』200万画素。

大活躍のF700isがある日突然、バイブ機能が働かなくなり、お金もないので新しいFOMAに買い替えたばかりの義姉におねだりし、お古を譲ってもらう事に。カメラは、これも手元にデジカメがない時や、ちょっとしたメモ代わり専用。



2007年9月

Canon EOS Kiss デジタル』630万画素。

結局、コンパクトタイプのデジカメの画質にも満足いかなくなっていた私。ちょっとした臨時収入があり中古を購入。望遠レンズもジャンク品で追加購入。画質にはかなり満足です◎。1000万画素が世に出回っていたけれど、プロでもないので、これで充分です。

それでも一眼レフは持ち運びが不便なのが唯一の欠点ですね。



2007年11月

『F903i』300万画素。

で、OLYMPUS FE-180が壊れたのを機に、持ち運び簡単なデジカメをテーマに、新しいケータイを購入。

アクセサリーも購入し、これから活躍予定!!!です。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

iPod touch

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM